避雷で恐怖半減

雷は以前から脅威だと認識されていた

Real estate

雷が落ちた場所には延焼の可能性があります。樹木との共存生活を送る事によって人類は繁栄してきました。しかし樹木の側にいるだけで致命的なリスクを抱えているとも言えるのです。リスクを顕在化する存在として雷の存在は、古来より脅威だと認識されていました。現代においても雷の音が聞こえるだけで早足になる人がいます。それは技術発展を遂げた現代においても、雷に対する恐怖に変わりはないからです。しかし避雷針設備と呼ばれる技術が確立された事によって、落雷は必ずしも驚異的だとは言えなくなりました。対策を施せば防御できる自然災害だと認識されつつあるのです。それによって雷に対する恐れを抱くのは個人ばかりになりました。落雷に対する防御態勢を敷いている場所なら危険性は小さいという事です。

避雷針設備を求めるユーザーが増える

落雷は高い場所に発生するという法則があります。現代において高層ビルは数多く存在していますが、それらは特に落雷が発生しやすい場所です。それ故に20メートル以上の建物には、避雷針設備を用意するという法律が作られました。避雷針設備が法律とタッグを組んだ事で、安全な社会作りに貢献している事は間違いありません。しかし避雷針設備が必要な建物は高いものばかりではありません。中には法律の適用範囲外であるにも関わらず、避雷針設備のサービスを利用するビルもあります。それは建造物の内部に高級な機械が置かれているからです。現代における落雷は機械にとっての天敵です。つまり将来的に高級な機械が増えれば、避雷針設備のサービスの利用者の数は影響を受ける事になります。