開発までの経緯

太陽光発電の導入費用

Real estate

住宅用の太陽光発電は、地球環境保全の意識も高まっている中各地において普及が進んでいます。しかし高額であるため、多くの人にとっては気軽に導入できる商品ではありません。 かつてに比べれば値段はだいぶ下がり、現在一般的な住宅における太陽光発電システムの導入には、大体200万円近くかかります。 ただし現在は自治体から補助金もでるので、そうした補助費用などを割り引くと多い場合は100数十万円ほどにまで費用を抑えられます。 さらに一度設置してしまえば月々の電気代は、かなりを自家発電分で賄えるため安くなりますし、昼間の余剰電力は電力会社に売れます。 そうしたことによって初期費用は長期的には回収できる見込みが高いため、安い買い物ではなくともメリットも多くあります。

開発その歴史について

様々な環境問題が生じている中、次世代のエネルギーとして大きな期待を背負っている太陽光発電ですが、その開発にはどういった歴史があるのでしょうか。ここで少しだけ、その歴史を追ってみたいと思います。 まず太陽光発電の仕組みである、光を物質にあてると電気を生じるという現象(光起電力効果)が発見されたのは、1839年のことです。意外なほど古く、その原型は発見されていました。 しかしその現象を実用的に利用できるまでになるためには、それから長い年月を待たなければなりませんでした。 第二次大戦後の1954年、アメリカの人工衛星に太陽光発電システムが取り入れられて、無事に成功しました。これは太陽光発電が実用化された最初の事例となりました。その後研究は飛躍的に発展し、今日においては、一般的な住宅にも普及するようになっています。